ラムオシ店、開店しました。

French Rhum
*

カリブ海周辺のフレンチラムイチオシのお店を「ラムオシ店」とし、フレンチラムをお楽しみいただける日を「ラムオシDAY」としました。
全国に広がる「ラムオシ店」。ぜひ、「ラムオシカレンダー」を参考にフレンチラムをお楽しみください。

※キャンペーンは2020年3月末までです。

ラムオシカレンダー

クレマン蒸留所とは・・・

クレマンの歴史は、1887年に医師でありル・フランソワ市長であったオメール・クレマン氏が砂糖のプランテーションを購入、アグリコール製法によるラムの生産を開始したことに始まります。フランス本土が主要な市場であり、今ではマルティニーク・ラムのリーダ的存在です。

もっと詳しく知りたい方はこちら
https://www.jisys.co.jp/item/frenchcreolerhum/40.html



クレマン蒸留所のラムがイチオシのお店


ラムオシ店クレマン蒸留所がイチオシな理由
【栄】
BarBagasse
クレマンは個人的に好きなブランドではありますが、アグリコール製法のラム酒を味わっていただくのに華やかなサトウキビの香りがわかりやすくお楽しみいただけます。またアルコールボリュームも日本人の舌に馴染みのある40度。強すぎず適度に味わえるのではと思い、クレマンブランをおすすめしています。 お店ではメイヤーレモンを使用してソーダで割って提供しています。メイヤーレモンの果皮からオレンジの香り、アグリコール製法の良さを崩さない穏やかな酸味に炭酸の爽快感。レモン酎ハイがお好きな方にラムバージョンとして楽しんでいただきたく、このスタイルでご提供しています。
少しづつではありますが、愛知でフレンチラムの魅力が伝わっているかと思います!

セント・ジェームス蒸留所とは・・・

1882年、世界で初めてスクエアボトルを採用するなど、時代の先いく商品開発をしてきました。中でもブランは定評があり、初めて口にした方はとたんに虜になるような味わいです。毎年、世界的な大会で金賞を多数受賞している実力派です。

もっと詳しく知りたい方はこちら
https://www.jisys.co.jp/item/frenchcreolerhum/36.html



セント・ジェームス蒸留所のラムがイチオシのお店


ラムオシ店セント・ジェームス蒸留所がイチオシな理由
【北千住】
Bar Blue Cane
ブランは度数が40度なのに優しめな味わいです。アグリコールブランの中では香りや味わいがとても穏やかなので、色々なカクテル、ラムパンチに使いやすくお客様にも好評です。アグリコールブランの入門編でありながら、その奥の深さから飲み続けられるブラントかと思います。

ジェイバリー蒸留所とは・・・

マルティニーク島の中で純粋なサトウキビジュースからラムを生産することを始めた、最初の蒸留所の一つだと言われています。コニャックの生産に感銘を受けて自身のラムをオーク樽で熟成させることを思いつくなど「熟成アグリコール・ラムの創設者」とも言えるでしょう。 やや辛口ながら、干しブドウのような風味があり、まるで良くできたアルマニャックのような味わいです。

もっと詳しく知りたい方はこちら
https://www.jisys.co.jp/item/frenchcreolerhum/37.html



ジェイバリー蒸留所のラムがイチオシのお店


ラムオシ店ジェイバリー蒸留所がイチオシな理由
【池袋】
KINGRUM
マルティニークラムの中では、柔らかく優しい味わいで、漬けラムやカクテルを作った時にアグリコールラム特有の青々しさが柔らかくもしっかり出る為です。バーテンダーの創作意欲を掻き立てるラムではないでしょうか。
【薬院】
Bar Rummy
個人的に「男性的な」ラムとして捉えています。サトウキビ本来の味わいがしっかり主張され、印象に残る口当たり。 そんなジェイバリーですが、トロピカルフルーツとの相性が抜群です。フルーツカクテルでも漬けラムのベースにしても、素材との相乗効果で奥行きある味わいに仕上がるので重宝しています。

ラマニー蒸留所とは・・・

“機動戦士ガンダム THE ORIGIN”の劇中にシャア・アズナブル氏がベネズエラのカラカスのバーでラマニーのラムを飲む有名なシーンがあり、語呂の良さから“シャア専用ラム”なんて呼ばれているようです。中身は伝統的なアグリコール製法で、ほぼ手作業。芳醇なラムが生み出されています。

もっと詳しく知りたい方はこちら
https://www.jisys.co.jp/item/frenchcreolerhum/34.html


ラマニー蒸留所のラムがイチオシのお店


ラムオシ店ラマニー蒸留所がイチオシな理由
【新宿】
MAMBO BAR
初めて飲んだアグリコールラムがラマニーでした!そこからずっとお気に入りでとにかくイチオシです。 ラベルの女性イラストもお気に入りです。ボトルは明るくてポップなイメージですが、中身は味わい深く本格的です。

トロワ・リビエール蒸留所とは・・・

マルティニーク島の中で最も人気の高いブランドの一つです。高い品質の熟成ラムは全世界的に有名であり、数々の賞を受賞しています。たくさんのブランドの中から、どのフレンチラムを飲んだらいいか、迷ったらハズレのないトロワをおすすめします。

もっと詳しく知りたい方はこちら
https://www.jisys.co.jp/item/frenchcreolerhum/33.html


トロワ・リビエール蒸留所のラムがイチオシのお店


ラムオシ店トロワ・リビエール蒸留所がイチオシな理由
【銀座】
Bar Lamp
お客様からの人気も高く、安定した定番でありながらも、複雑で奥深く、豊かな味わい。まさに、フレンチラムの王様的存在です。今年は「銀座ランプ」「博多ラミー」「京都ラム&ウイスキー」3店舗のプライベートボトリングリリースするくらい愛着のあるトロワです!
【鶴舞】
Waiter Waiter

今からずいぶん前にトロワリビエール1966と1970ヴィンテージに出会ったのが始まりとなります。芳醇で豊かなコク、複雑な甘みに“ラム”というお酒の魅力を見つけました。その後、トロワのブランを知ってさらに衝撃を受けました。熟成したものはまろやかな味わいに酔いしれましたがブランの方はとても個性的な魅力を持つ旨味を感じたからです。

ラ・ファボリット蒸留所とは・・・

自社農園のサトウキビを使った、濃厚な味わいのアグリコールラムを少量生産しています。 どのブランドよりもコニャックに近い作り手のため、ブドウのお酒の飲み手にぴったりな味わいです。

もっと詳しく知りたい方はこちら
https://www.jisys.co.jp/item/frenchcreolerhum/64.html


ラ・ファボリット蒸留所のラムがイチオシのお店

ラムオシ店ラ・ファボリット蒸留所がイチオシな理由
【人形町】
ADOBE CANTINA
小さな蒸留所で家族経営というところが、小さなショットバーで1人お店に立っている自分と重なり親近感が湧いてきました。ファボリットで、アグリコールラムモヒートを展開していきます!
【西荻窪】RUMHEADハーブのような風味と果実感がもたらす爽快感とサトウキビの上品な甘みが素敵で魅せられました。

ネイソン蒸留所とは・・・

マルティニーク島でもっとも高評価な家族経営の生産者です。
1950年代から使用している数少ない銅製蒸留器と最新設備を使いこなして、クオリティの高いアグリコールラムを作り続けています。

もっと詳しく知りたい方はこちら
https://www.jisys.co.jp/item/frenchcreolerhum/41.html

ネイソン蒸留所のラムがイチオシのお店

ラムオシ店ネイソン蒸留所がイチオシな理由
【札幌】
 葉柳
蒸留所を訪問した際、できたてのブランをタンクから直接飲んだ時の衝撃が忘れられない。 凝縮されたサトウキビの香りにレモングラスなどハーブ香がすばらしく、普通のカクテルが特別なものになる。
【横浜】BARCROWYokohama RUM Festival運営に関わるキッカケとなったブランドであり、特別思い入れの強いラム酒です。
【野毛】
ONEMANY
グレープフルーツと、とても相性の良いブランでありオススメとしてぴったり。