ペールラバ

Pere Labat
Image01
Image02
Image03

マリーガラント島はカリブ海の仏領グアダループ島の南東に位置しており、グアダループ本島を含めて「グアダループ県」を構成しています。ペールラバが作られるポワソン蒸留所は1860年に設立され、そのマリーガラント島の西部海岸沿いから少し内陸部に入った、看板がなければ見逃しそうなほど目立たない場所にあります。そして同時に、世界で最も小さいラムの蒸留所と言っても過言ではないでしょう。入り口から全ての設備が見渡せるほどに狭い敷地、その中にあるとても小さな蒸留器。フレンチ・クレオール・ラムの生産量は全てのラムの数%でしかありませんが、その中でも突出して小さい蒸留所なのです。まるで自家蒸留さながらに、1本1品が丁寧に作られています。

  • カテゴリーフレンチ・クレオール・ラム
  • 国名フランス
  • 地域マリーガラント島

ペールラバ ブラン 50%

Pere Labat Blanc 50%
Image03
  • 国名フランス
  • 地域マリーガラント島
  • 容量1000 ml
  • 度数50度
  • ビンテージ
  • 参考小売価格(税抜)オープン

伝説にもなっているマリーガラント・ラムの香り高いブラン。
50%は、華やかな香りはそのままに、口当たりがより滑らかに感じられます。

ペールラバ ブラン 59%

Pere Labat Blanc 59%
Image03
  • 国名フランス
  • 地域マリーガラント島
  • 容量1000 ml
  • 度数59度
  • ビンテージ
  • 参考小売価格(税抜)オープン

「雨水で加水」「木の棒でかき混ぜる」など数々の逸話があるラム、ペールラバ!
ラム愛好家の方にはお馴染みの59%は、他に類を見ない味わいをお楽しみください。