ポールジロー スパークリング・グレープジュース2020


*

日本上陸から17年

コニャックの最高産地グランシャンパーニュ地区ブートビル村で300年以上続く旧家「ポールジロー」が造る、極上のスパークリング・グレープジュース。

もともとはブランデーを造るためのブドウを家族や近所の友達のために絞り、そこに炭酸を加えて造っていた門外不出のプライベートジュースでした。

あまりの美味しさに無理を言って商品化してもらった、スパークリング・グレープジュースの最高峰です。

大手メーカーとは一線を画した、土地に根差し、ブドウ造りから醸造、蒸留、熟成までをすべて1人で行うポールジロー氏が、コニャック用のブドウで造る自家製スパークリング・グレープジュース。

年に1度の予約分しか生産されず、百貨店、有名ホテル、レストランにひっぱりだこの、貴重なビンテージ入り限定ジュースです。

今年もやってきた!ノンアル史上最強☆

SNSで「#ポールジロー」を検索すると、 お子様の誕生日会や、ママ友とのランチパーティー、 ノンアルコールの会食会や、オーベルジュなどで オシャレに楽しまれている方がたくさん!

*
*
*
*

それは、コニャックの生産者・ポールジロー氏が手掛ける 高級ジュースにしかない本格的な味わいだから。 ビンテージ入りの限定品をぜひお楽しみください。

2020年 収穫レポート

*
生産者・ポールジロー氏より、以下の報告をいただきました。

「2020は早熟の年となりました。発芽、開花、結実ともに予定より早く進み、収穫は9月上旬になりました。

一方、春先の長雨による寒冷期が続き、畑での作業は困難でもありました。ブドウを冷害から守るため、生育状態を絶えず確認する必要がありました。

6、7月は幸い良い天候が続き、成熟も進みました。

このような理由から、今年のジュースは例年より少し甘く、香り高いものになりました。」

2020年のジュースも、自信をもっておすすめできる味わいに仕上がったようです。

☆ティスティングコメント☆
グラニースミス種のリンゴや洋ナシ。例年より酸味が押さえられ、甘みを感じる。

2020年 王冠(=ミュズレ)デザイン

*
ボトルにはシャンパン同様、コルクの上にワイヤーが巻かれています。
そのワイヤーとコルクの間にあるのが王冠(=ミュズレ)。

毎年違うデザインで楽しませてくれますが、今年のデザインは、日本とフランスの国旗をモチーフにしたデザインです。

今回のデザインは、コロナ禍でも両国ともがんばっていきましょう!との生産者・ポールジロー氏の思いが込められているとこのこと。

世界平和を願いながら、みんなで乾杯できること日が来ることを祈ります。

ポールジロー スパークリング・グレープジュース2020 メニュー

ポスター、メニュー、ポップ、プライスカードなど、ご自由にダウンロードしてご利用いただけます。